激安を探すならまずはココ!日替わりセール品をチェック

2019年03月15日

マニキュアを時短・簡単に落とせるスゴ技グッズ

少し前まで、マニキュアを簡単に落とせる方法はないかな?なんて思いながら、毎回、コットンに除光液を含ませて、爪をゴシゴシしていました。
コットンの摩擦も加わって、傷んだ爪のケアもしなくてはいけませんでしたが、いま、話題の除光液『nail kiss』が、ズボラな私を救ってくれました!
爪を傷めないトリートメントタイプで、容器にはヒタヒタに除光液とスポンジが入っています。
容器へ指を突っ込みクリクリと2〜3秒するだけで、あっという間にマニキュアが落とせます!コットンよりも、かなり素早く落ちるんです!
コットンによるゴシゴシ摩擦もなく、突っ込んで軽くクリクリ指を動かすだけなんです。
爪が傷むのも軽減してくれて、簡単、素早く落ちてくれるので、まさに一石二鳥です。
しかも…この『nail kiss』は、100円SHOP・DAISOの商品なんです。そうです、100円(税抜き)なんです!
パッケージもポップでカラフルです。容器のカラーもピンクや、ブルー、グリーンなどあり、自分のお気に入りカラーを選べます。
中身は、除光液なので匂いは否めませんが、無色透明の除光液になっています。
プチプラな上に、ズボラな私にとっては、本当にピッタリの、まさに救世主となった商品でした…
posted by syoumonai0103 at 18:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月04日

ちょっと変だった秋場所から貴乃花親方の引退へ!

大相撲秋場所を見ていて、変だな...と思うことがいくつもありました。最も変だったのが、白鵬・高安戦です。高安がちゃんと立っていない状態で、あっという間に白鵬の勝ちになってしまいました。場内もざわついているのに、物言いもつきません。その晩のNHKニュースウォッチ9でも、この取組について有馬アナウンサーが思いっきり首をかしげていました。
また、行司さんが”手つき不十分”にとても厳しくなって、ぶつかったかと思えば取り直しさせる場面も多々ありました。しかし、それだけ手をきちんとつくことに目を光らせる割には、手をほとんどつかないまま始まる取組も多かったです。手をつくことを徹底させるのなら、仕切り線にセンサーでもつけておいて、ランプが光ったら始め!にしたらどうかなどと思ってしまいました。
そして、白鵬の張り手が相変わらず続いていました。横綱が相手の頬を叩く張り手は、去年問題になったと思うのですが、もうナンデモアリになったのでしょうか?白鵬の気持ち良くない相撲に、豪栄道との取組では会場中から”豪栄道コール”が沸き起こっていました。
なんだか大相撲おかしくなっちゃったな...と感じていたら、貴乃花親方引退のニュ―ス。裏ですごく大変なことがあったんだろうなあと感じました。あまりにも性急な引退もどうかとは思いましたが、大相撲も今のままでは見ていてあまり元気がでない中継になっていきそうで寂しいです。
千賀の浦部屋に移られる弟子の方々が、今後も活躍されることを願っています。
posted by syoumonai0103 at 15:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月02日

歌手・和田アキ子 デビュー50周年の節目に初・音楽フェス主催へ

1968年に「星空の孤独」でデビューして以来、「古い日記」や「あの鐘を鳴らすのはあなた」など、数々のヒット曲を発表。
パワフルかつソウルフルな歌声で「リズム&ブルースの女王」と呼ばれている歌手の和田アキ子さん(68)が、このたび今年10月17、18日に自身初となる音楽フェス「WADA fes〜断れなかった仲間達〜」を、東京・日本武道館で開催することが判りました。

同フェスは、和田さんにとって初の主催公演。
以前、2014年に開催された「氣志團万博」に出演した際に、音楽の持つ力を再認識したことから今回のフェス開催を決めたそうです。

「断れなかった仲間達」のサブタイトル通り、脇を固めるゲスト陣もロックバンド・氣志團や、「ロンリーチャップリン」などのヒット曲で知られる鈴木雅之さん、倖田來未さんなど、まさに自身のデビュー50周年を祝うに相応しい超・豪華な顔ぶれが名を連ねています。

これまで数々のヒット曲を世に送り出し、多くの聴衆を魅了してきた唯一無二の歌声を持つ和田さんなら、きっとこの初主催公演フェスでも他を寄せ付けないその圧倒的な声量で抜群の存在感を見せつけてくれる事でしょう。

今年の秋は、デビュー50周年を迎える「リズム&ブルースの女王」のパワフルなステージに、乞うご期待です!
posted by syoumonai0103 at 15:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする